クリヤイロウミウシ

裸鰓目ドーリス亜目イロウミウシ科。

2010年5月27日撮影。撮影者は金澤真美氏。撮影場所は大牛の洞窟内部の、水深15m付近でした。体長は3cmくらい。
b0156853_20562028.jpg


何故かこのウミウシは「本州のウミウシ」図鑑には載っていません。「ウミウシ 生きている海の妖精」図鑑には載っていました。

体の色は白で縁取りは黄色です。背中には円錐状の突起が散在しています。これがこのウミウシの大きな特徴ですね。その突起の一部は赤紫色や青紫色に染まります。触角は半分から上が突起と同じ色で染まっています。2次鰓は半透明で、一部にやはり突起と同じ色が入っています。図鑑にはカイメン食とありますが、まさにその上に乗っていますね。

下記画像も上記と同じ個体、金澤真美氏の撮影です。部屋に飾りたくなるくらいキレイですね。
b0156853_2125646.jpg


このウミウシ、実は名前が混乱しています。
詳しくはこちらの記事を参照して下さい。

キベリシロウミウシ

2012年5月9日撮影。撮影者は浅沼絵美さん。撮影場所は雲見・牛着岩の水路、H型の穴を入る少し手前の水深14m付近でした。
b0156853_15574412.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2010-05-29 21:03 | ウミウシ・カ行
<< オオモンハタ カメキオトメウミウシ >>