オビテンスモドキ

スズキ目ベラ科モチノウオ亜科。

「日本の海水魚」図鑑には、この魚の分布が「伊豆半島以南」とありますから、季節来遊魚じゃあないんでしょうか?

でも、この幼魚自体珍しいし、成魚にはお目にかかったこと無いと思うんですけど・・・。

2011年10月8日撮影。撮影者は加藤知伸氏。
場所は雲見・牛着岩の水路の入口付近、水深10mほどのゴロタと砂地が混ざった辺りですね。体長は5cm程度でしょうか。ひらひらと独特の泳ぎ方をします。これ、きっと海底に落ちている海藻の切れ端とか、そういうのに擬態しているからなんでしょうね。
b0156853_16361550.jpg


下の写真2枚は同じ個体を廣瀬誠氏が撮りました。撮影日時は2011年10月13日です。
b0156853_16362997.jpg


岩に生えている紅藻によく似ています。でもニンゲンの目は誤魔化せません。
b0156853_16363965.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2011-10-21 16:39 | 魚・ア行
<< ウミスズメ ヒュプセロドーリス・ゼフィラ >>