セロガタケボリ

新生腹足上目高腹足目タカラガイ亜科タカラガイ上科ウミウサギガイ科

2012年11月9日撮影。撮影者は高木郁子さん。
「ウミウサギ―生きている海のジュエリー」図鑑には「濃色の非常に細かい網目模様の部分をベースに白色の不揃いな雲形模様が入り、その上に大きさがまばらな突起が密にある」とあります。
この生体部分の特徴的な模様から識別できますね。
b0156853_13492527.jpg


2008年3月30日撮影。撮影者は石井幾子さん。
b0156853_14193659.jpg


2008年11月29日撮影。撮影者は森田洋介さん。
b0156853_1073435.jpg


2013年3月17日撮影。撮影者は井上可奈さんです。場所は雲見・牛着岩、水深24mのアーチの上、水深17m付近です。特徴的な網目模様がよく分かりますね。
b0156853_1843758.jpg


2014年1月12日撮影。撮影者は浅沼絵美さん。
b0156853_10102464.jpg


2014年6月12日撮影。平野典司さん。
b0156853_10122417.jpg


2014年11月30日撮影。撮影者は浅沼絵美さん。
b0156853_10113965.jpg


この他にもよく似たウミウサギガイの仲間には次のようなものがいます。
テンロクケボリトラフケボリツマニケボリシロオビコダマウサギコボレバケボリなど。
[PR]
by idive-marinelife | 2013-03-24 14:25 | その他・サ行
<< テンロクケボリ ベニカエルアンコウ >>