ニシキウミウシ

裸鰓目ドーリス亜目イロウミウシ科。

2008年5月25日撮影。撮影は石川潤氏。雲見で通年、ごく普通に見かける大型のウミウシです。10〜15cmはある個体を普通に見かけます。また成長過程で著しくその体色を変えることも特徴です。以前は余りにも体色が違うので、違うウミウシとして図鑑などに掲載されていましたが、今では本種ひとつにまとめられています。
b0156853_12515414.jpg


2008年4月23日撮影。
b0156853_17363325.jpg


以下三点2007年7月24日撮影。
b0156853_2324588.jpg


b0156853_233146.jpg


b0156853_2332170.jpg


2007年7月22日撮影。
以前はフタイロニシキウミウシという別の名前で呼ばれていたニシキウミウシの若い個体です。
b0156853_941158.jpg


b0156853_94316.jpg


2007年5月19日撮影。
b0156853_21422429.jpg


2009年9月11日撮影。以前はフルーツポンチウミウシという名前で図鑑などに掲載されていました。
b0156853_1641875.jpg


2008年9月28日撮影。二次鰓の中心部分から排泄物を出している様子。
b0156853_16133667.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2008-07-09 12:53 | ウミウシ・ナ行
<< アオウミウシ マダイ >>