オオモンカエルアンコウ

アンコウ目カエルアンコウ科。

2008年3月21日撮影。
b0156853_18222597.jpg


オオモンカエルアンコウの特徴は、まず何よりその大きさ。30センチに達することもありますが、この画像の個体はせいぜい5cm程度。
しかし背びれ第二、第三棘にある薄い膜がはっきりしないこと、背びれ第三棘が分厚く、多種より太く見えることなど、オオモンカエルアンコウの特徴をよく備えていると思います。
よく間違われるイロカエルアンコウの背びれ第二棘には薄い膜がはっきりと見えるので区別できます。

2008年11月24日撮影。小牛の亀裂、水深8m付近にて。体長は6cmほど。背鰭が分厚く、薄い膜が無いことなどオオモンカエルアンコウの特徴をよく示しています。真横をばっちりと向いてくれているので、分かりやすいですね。伊豆で見ることの出来る本種は幼魚が多いそうです。
b0156853_11485535.jpg


2011年9月27日撮影。ダイバーと比べるとその大きさが分かると思います。体長はたぶん25cmから30cmくらいでしょうね。
b0156853_12481949.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2008-07-10 18:24 | 魚・ア行
<< アジアコショウダイ カエルアンコウ >>