サラサウミウシ

裸鰓目ドーリス亜目イロウミウシ科。

2006年4月18日撮影。伊豆半島の基本4種にも数えられることのある普通種。確かに雲見・牛着岩でもよく見かけます。「本州のウミウシ」図鑑によると、見た目の特徴は「背面は赤色の細かな網目状斑紋で密に覆われる。周縁は黄色で縁取られる」です。体長は最大で40mmほど。
b0156853_1048877.jpg


2010年2月8日撮影。ありふれた種類でも、よく見ると美しいですね。触角のアップを意識して正面から撮ってみました。
b0156853_95189.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2010-02-16 09:54 | ウミウシ・サ行
<< アカエラミノウミウシ ガラスハゼ >>