アカネコモンウミウシ

2008年8月6日撮影。三競にて。水深10m付近。
分類は裸鰓目(らさいもく)ドーリス亜目イロウミウシ科です。

「本州のウミウシ」図鑑によると、「背面は不規則な太さの紫色の帯で縁取られている。この内側には幅広の白帯がある。白色域の中にはあざやかな黄色の斑点が散在している。この斑点の多寡(たか)には個体差がある。白色域にはさらに暗紫色の斑点もあり、通常は黄色の斑点より大きい。背面の中央は橙色から褐色で、白色の斑点が散在している。触角と鰓の縁取りは暗褐色。外套膜面は白く、縁は背面と同様に紫色。腹足も白く、鮮やかな黄色の斑点が周縁に並んでいる」とあります。
b0156853_932381.jpg


上記と同じ個体。大きさは7cmくらいでしょうか。
b0156853_934141.jpg


2010年4月7日撮影。場所はクレバスからH型の穴へ向かう途中の壁、水深15m付近です。体長は2cmほど。4日前にみつけた場所からほとんど動いていませんでした。
b0156853_12145055.jpg


2010年4月15日撮影。場所は大牛の洞窟にて。体長は3cmほど。同じウミウシでも個体によってカラーリングにかなりばらつきがありますね。
b0156853_21335274.jpg


2011年11月4日撮影。場所は大牛の洞窟にて。撮影者は春日井栄人氏。体長は1cmくらいかな?幼体です。
b0156853_17463836.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2008-08-07 09:03 | ウミウシ・ア行
<< コールマンウミウシ ハタタテダイ >>