カテゴリ:魚・ナ行( 18 )

ニシキフウライウオ

トゲウオ目カミソリウオ科。

2008年11月29日撮影。撮影者は森田洋介氏。場所は上記と同じく大牛の壁沿い、水深17m付近。
b0156853_21278100.jpg


2008年12月8日撮影。場所は大牛の壁、体長は7cmほど。ニシキフウライウオもカミソリウオと同じくメスの腹びれは体にくっついています。この写真の個体は腹びれがくっついていないのでオスですね。
b0156853_13451086.jpg


顔の部分のアップ。
b0156853_1345491.jpg


2012年10月6日撮影。撮影者は小林由人氏。場所は雲見・牛着岩、グンカン沖側の壁、水深23m付近でした。体長はまだ5〜6cmと小ぶりでしたね。
b0156853_2159045.jpg


2012年10月12日撮影。撮影者は内田由紀さん。場所は雲見・牛着岩のグンカン、水深23m付近でした。
b0156853_2118052.jpg


2013年10月14日撮影。撮影者は山本慎太郎さん。場所は雲見・牛着岩の湾内、はまゆのブイのすぐ側、水深10m付近でした。体長は8cm程と小振りでしたね。
b0156853_20295659.jpg


同じ日、同じ個体です。撮影者は中野陽子さん。ホソフウライウオでは?という指摘もありましたが「日本産魚類検索 全種の同定 第三版」を確認したところ「鰭や身体に細長い単一の皮弁がある」という特徴がニシキフウライウオを指しています。ホソフウライウオにはこの皮弁が無く、あったとしても房状との事でした。明らかに違いますね。
b0156853_20303799.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2013-10-18 20:37 | 魚・ナ行

ネコザメ

軟骨魚綱板鰓亜綱ネコザメ目ネコザメ科ネコザメ属。

2008年5月1日撮影。-26mのアーチにて。水深24m付近です。体長は1mほど。
b0156853_15284035.jpg


ネコザメは雲見では最もポピュラーなサメの種類です。よく水深26mのアーチや、その近くの通称「ネコ穴」と呼ばれる岩の隙間などによく隠れています。
b0156853_1529435.jpg


これは同じく2008年5月1日に船の上で撮影された別個体です。漁師の網にかかったものをもらい受けて、船で海に返しに行く途中の様子です。
b0156853_153139.jpg


b0156853_15312364.jpg


ネコザメはごつくて大きな顔。目の上の隆起。石臼のような歯。ふたつの背びれの前にそれぞれある棘など、特徴的なかたちをしています。名前の通り、ネコのような細い瞳孔を持っています。

卵生でタマゴは螺旋状をしていて、岩の隙間などに押し込んで、うねりでどこかへ行ってしまわないような形状になっています。

夜行性で昼間は岩の隙間などでじっとしています。食餌は主にサザエなどの貝類を、丈夫な歯でバリバリと噛み砕いて食べることが知られています。

2012年12月24日撮影。場所はネコ穴、体長は1m超。大きかったですね。
b0156853_11345220.jpg


2013年1月5日撮影。撮影者は平野典司さんです。やはり見つかったのは雲見・牛着岩のネコ穴でした。お気に入りの場所ってあるんですね。個体が変わってもやはり見つかるのはこの場所が多いです。
b0156853_1605626.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2012-12-28 11:35 | 魚・ナ行

ノコギリダイ

スズキ目フエフキダイ科。

2012年9月8日撮影。撮影場所は雲見・三競、5番の穴出口付近、水深は7m前後でした。ちょっと分かりにくいですけど、背中に黄色い斑点がある魚がそうです。クロホシイシモチに紛れてますけど、バレバレです。
b0156853_22581771.jpg


ノコギリダイって、南の海ではよく見かけますけど、伊豆にいるのは珍しいですよね?
ちなみにこれは2012年3月に久米島で私が撮った本種の写真です。
b0156853_2385872.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2012-09-19 23:09 | 魚・ナ行

ヌノサラシ

スズキ目ハタ科。

2012年9月11日撮影。撮影地は雲見・牛着岩、小牛の洞窟前の水深12m付近でした。体長は15cmほど。地味なせいか今までに見た記憶がありません。他のガイドさん達は時々見かけると声を揃えるのですが。f ^ ^ *)
b0156853_22152167.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2012-09-19 22:18 | 魚・ナ行

ノコギリハギ

顎口上綱新鰭亜綱フグ目カワハギ科。

2011年9月11日撮影。撮影者は澤田昭一氏です。
b0156853_1552734.jpg


ノコギリハギはカワハギの仲間です。そしてこの魚は体内に毒を持つシマキンチャクフグに擬態することで有名です。

ノコギリハギとシマキンチャクフグは生き残りをかけた真剣な擬態ですから、水中でぱっと見ても見分けることは難しいです。でも見た目はそっくりでも、それぞれカワハギとフグの仲間ですから、背ビレと尻ビレを見ればすぐに分かります。

つまりノコギリハギの背ビレと尻ビレに比べ、シマキンチャクフグのヒレは小さいのです。

そのポイントを記した簡単な絵を下記に掲載しておきます。見分けるポイントの背ビレと尻ビレは赤い色で書いてあります。参考にして下さい。

あ、ノコギリハギとシマキンチャクフグの体の形や模様はデフォルメしてありますし、使い回しでまったく同じですのであしからず。
b0156853_15571438.gif


[PR]
by idive-marinelife | 2012-02-06 15:57 | 魚・ナ行

ナメラベラ

顎口上綱新鰭亜綱スズキ目ベラ科カンムリベラ亜科Honogymnosus属

2011年10月6日撮影。ちょこまかと素速く動くので、大した写真じゃなくてすいません。
b0156853_11433813.jpg


いわゆる季節来遊魚の一種です。「日本の海水魚」図鑑にも分布は「和歌山県以南」とあるので間違いないと思います。

ただ、地味だし、いわゆるスルー系ではありますね。f ^ ^ *)
[PR]
by idive-marinelife | 2012-02-06 15:53 | 魚・ナ行

ニザダイ

顎口上綱新鰭亜綱スズキ目ニザダイ科。

2009年5月27日撮影。この魚、結構あちこちにいます。中層に群れている時もあるし、岩場の影などで採餌していることもあります。でも地味。目立たないです。全体的に濃いグレー。海の中では黒っぽく見えます。
b0156853_21392052.jpg


2010年2月13日撮影。撮影者は石井幾子氏。
しっぽの付け根には黒い楕円の模様が3つ。漁師さんからは「三の字」と呼ばれたりもします。ホンソメワケベラにクリーニングしてもらう時は、体色を白っぽく換えます。きっと寄生虫などがよく見つかるように、なんでしょうね。
b0156853_11244032.jpg


2011年9月15日撮影。撮影者は箱木裕行氏。
b0156853_148533.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2012-02-06 14:10 | 魚・ナ行

ニセカンランハギ

スズキ目ニザダイ科。

2010年8月8日撮影。「日本の海水魚」図鑑によると分布は「南日本」とあります。曖昧な表現ですが、伊豆は南日本に含まれるとは考えにくいので、これはいわゆる季節来遊魚ってことでいいんだと思います。でも結構大きくて、体長は15cmかそれ以上はあったと思います。
b0156853_1164745.jpg


余談ですが。上記の「日本の海水魚」図鑑によるとこの魚は「砂嚢状の胃をもち、通常砂とともに糸状藻類やデトリタスを摂餌している(後略)」とあります。
ここで聞き慣れない言葉が出てきました。

デトリタス?

これをWikipediaで調べると、下記のように書いてありました。

以下引用。
「デトリタス(Detritus)とは、生物遺体や生物由来の物質の破片や微生物の遺体、あるいはそれらの排泄物を起源とする微細な有機物粒子のことであり、通常はその表面や内部に繁殖した微生物群集を伴う。陸上の土壌に混入した有機物片のことを指す場合もあるが、多くの場合は水中のそれを指す。プランクトンとともに水中の懸濁物(けんだくぶつ、セストン)の重要な構成要素であり、堆積物にも多く含まれる。」

なるほどー。ひとつ勉強になりました。(*^^*)
[PR]
by idive-marinelife | 2011-05-14 11:19 | 魚・ナ行

ノドグロベラ

ベラ科カンムリベラ亜科。

2010年11月24日撮影。撮影者は私です。場所は雲見・牛着岩の湾内、水路の出入り口付近。体長は3cmほどでした。

これは幼魚ですが、いわゆる「死滅回遊魚・季節来遊魚」の一種ですね。背ビレと尻ビレに黄色く縁取りされた眼状斑のあることが特徴です。
b0156853_15531882.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2010-11-25 17:28 | 魚・ナ行

ナンヨウカイワリ

スズキ目アジ科。

2010年10月18日撮影。撮影者は私です。いわゆる回遊魚、カンパチなど中層の捕食者の仲間ですね。
b0156853_15422646.jpg


中層を速い速度で泳いでいることが多いので、見分けるのは難しいのですが、体の横に不規則な黄色っぽい小斑点があることで見分けがつきます。雲見では数は多くありません。2010年はこの時しか見かけなかったかも。
[PR]
by idive-marinelife | 2010-11-16 15:47 | 魚・ナ行