カテゴリ:その他・サ行( 23 )

スベスベマンジュウガニ

カニ類オウギガニ科マンジュウガニ属。

2008年9月9日撮影。普段はこうした岩場にあいた小さな穴の中に隠れていることが多いです。
体は濃いめの茶色で、甲面には薄い色で独特のマダラ模様が描かれています。目から放射状に伸びる白っぽい短い線もかわいいですね。昔流行ったロックバンドのメイクのようです。(*^^*)
b0156853_1056162.jpg


2008年5月15日撮影。小牛の洞窟内にて。
b0156853_1325872.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2008-07-09 13:25 | その他・サ行

スナダコ

2008年5月30日撮影。湾内の砂地、水深12m付近。
b0156853_12333257.jpg


b0156853_12383140.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2008-07-09 12:38 | その他・サ行

ゼブラガニ

動物界・節足動物門・甲殻亜門・軟甲綱(エビ綱)・十脚目・抱卵亜目・短尾下目・尖頭群・ヒシガニ上科・ゴカクガニ科・ゼブラガニ属。

2008年7月4日撮影。牛着岩の湾内、水深12mのごろたのある場所でした。
b0156853_21532821.jpg


2008年7月6日撮影。撮影者は片岡慎氏。
「海の甲殻類」図鑑によると「ラッパウニなどに共生し、宿主のとげの間に見られる。はさみ脚で宿主のとげや管足を刈り取るため、宿主の表面に剃り込みが見られ、見つける目安となる」とあります。

でもカニはウニの表面に棲んでいればかくれ場所にもなるし、餌も得られるのでしょうが、宿主のウニには、どんなメリットがあるのでしょう。もしメリットがなければ片利共生、または寄生ってことになると思うのですが・・・。
b0156853_1544422.jpg


2012217日撮影。撮影場所はたて穴の水深15m付近。コシダカウニの上に乗っていました。このカニはたいていラッパウニの上に乗っているのですが、それ以外のウニの上で見たのは初めてです。
b0156853_22575078.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2008-07-08 21:54 | その他・サ行