カテゴリ:その他・ハ行( 39 )

ハネウミヒドラ

刺胞動物門ヒドロ虫綱花水母目ハネウミヒドラ科ハネウミヒドラ属

2015年10月12日撮影。岩に生えた鳥の羽のように見えますが、ヒドロ虫の一種です。
b0156853_22233381.jpg

アップにするとこんな感じです。
b0156853_22221191.jpg

まるでイルミネーションのようでキレイですね。でも触ると刺されてかぶれたりします。
刺胞動物門ヒドロ虫綱に含まれる生物を「ヒドロ虫(ちゅう)」と総称します。「虫」という字が使われていますが、もちろん昆虫ではありません。一見植物のようでもありますが、れっきとした動物です。
[PR]
by idive-marinelife | 2015-11-01 22:27 | その他・ハ行

ヒメドメシアガニ

甲殻上綱軟甲綱十脚目方頭群オウギガニ上科サンゴガニ科ドメシアガニ属

2015年10月7日撮影。場所は雲見・牛着岩の水路入口の岩。水深6m付近のエダサンゴの中です。体長は5〜10mmほどでした。
b0156853_172413100.jpg

次の個体は抱卵していました。こんなに小さくて何気ないいのちでも、ちゃんと生の営みを繰り返しています。
b0156853_1725680.jpg

2015年10月12日撮影。甲の前側の縁やハサミ脚に先端に黒い小さなトゲがまばらに並んでいます。
b0156853_17253528.jpg

2015年10月31日撮影です。「ドメシア」とは変な名前ですが、分類がドメシアガニ属ということで、ラテン語の分類名をそのまま一部和名に拝借しちゃったんでしょうね。
b0156853_17261149.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2015-11-01 17:29 | その他・ハ行

ボウシュウボラ

軟体動物門腹足綱前鰓亜綱中腹足目(盤足目)ヤツシロガイ超科フジツガイ科ホラガイ亜科ホラガイ属

2006年4月8日撮影。小牛の壁にて。産卵中です。
b0156853_9212447.jpg


2008年9月9日撮影。殻長25センチ前後になるそうです。貝としては大型の部類で、非常に貝殻が硬くコツゴツして無骨。ナンカイボラよりも突起がはっきりして、文様も鮮やかです。
b0156853_2154265.jpg


2014年4月13日撮影。場所は雲見・牛着岩の水深5m付近。撮影者は平野典司さん。
ボラはヒトデをよく食べるそうですが、ウニも好むようです。
b0156853_21543517.jpg


2014年6月26日撮影。ガンガゼを食べているのをみました。
b0156853_21545836.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2014-07-02 22:02 | その他・ハ行

フトユビシャコ科の一種

甲殻上綱棘蝦網口脚目(シャコ目)フトユビシャコ科

撮影は2014年1月18日、場所は雲見・牛着岩、大牛の沖側の壁、水深15m付近でした。体長はたぶん10cmほどです。
b0156853_18484085.jpg


独特の流れるような動きで穴の中に入っていきました。
b0156853_18484377.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2014-01-18 18:50 | その他・ハ行

ヒメキモガニ

甲殻上綱軟甲綱十脚目短尾下目(カニ下目)方頭群オウギガニ上科オウギガニ科キモガニ属

撮影は2014年1月18日、場所は雲見・牛着岩、水路入口の岩の上、水深7m付近です。甲長はたぶん10mmあるかないか。サンゴのすき間からじっとのぞいている青い目が印象的です。
b0156853_18391681.jpg


よく似た仲間にキモガニというのがいるそうです。見分け方ははさみ脚の指の部分の色。白か赤褐色なら本種で、黒ならキモガニです。上記の写真でははさみ脚がよく見えないのでどちらかは分からないですね。もし指部が見えて判断がついたら、更新します。
[PR]
by idive-marinelife | 2014-01-18 18:42 | その他・ハ行

ハナヤカケボリ

新生腹足上目高腹足目タカラガイ亜目タカラガイ上科ウミウサギガイ科

2013年11月14日撮影。場所は雲見・牛着岩、H型のトンネルのベニウミトサカの上です。殻高(殻の長さ)は7〜8mmくらいでした。
b0156853_20212085.jpg


2013年11月15日撮影。撮影者は常松晃さんです。昨日と同じ個体ですが、場所が微妙に変わっていました。違う個体かな?
b0156853_20205873.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2013-11-15 20:23 | その他・ハ行

ベニホンヤドカリ

甲殻上綱軟甲綱十脚目異尾下目ホンヤドカリ上科ホンヤドカリ科ホンヤドカリ属

2013年5月27日撮影。撮影者は廣瀬誠氏。場所は雲見・牛着岩、小牛の洞窟の内部の壁です。甲長は2cmといったところでしょうか。
b0156853_17134910.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2013-07-10 17:15 | その他・ハ行

フタミゾテッポウエビ

甲殻上綱軟甲綱十脚目抱卵亜目コエビ下目テッポウエビ上科テッポウエビ科テッポウエビ属

2013年5月27日撮影。撮影者は廣瀬誠氏。場所は雲見・牛着岩、小牛の洞窟の入口付近。水深12mの砂混じりの転石帯です。石をそっとどけると現れます。体長は3cmくらい。
b0156853_16245096.jpg


同じ日同じ場所、同じ撮影者で違う個体です。
b0156853_16245366.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2013-07-10 16:27 | その他・ハ行

フタバゴイシガニ

甲殻上綱軟甲綱十脚目カニ下目方頭群オウギガニ上科オウギガニ科ゴイシガニ属

2013年5月27日撮影。撮影者は廣瀬誠氏。最初の3枚は同じ日に廣瀬さんが撮影したものです。
b0156853_2253196.jpg


場所は雲見・牛着岩、小牛の洞窟内部です。海底に落ちている石をそっとどけると、中から現れます。
b0156853_2252883.jpg


このカニの特徴は甲の前側に剛毛が生えている点でしょうか。
b0156853_2252541.jpg


2013年5月28日撮影。撮影者は水元由美子さん。場所はやはり雲見・牛着岩、小牛の洞窟です。
b0156853_1559959.jpg


同じ日、同じ場所で別個体です。幼体でしょうか。また本種であるかどうかの確証もありません。甲殻類は見た目での区別が難しいですね。
b0156853_15591312.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2013-06-22 23:23 | その他・ハ行

ホシキヌタ

腹足綱盤足目タカラガイ科ヒメホシダカラ属

2008年7月15日撮影。
b0156853_20414477.jpg


2009年8月27日撮影。撮影者は廣瀬誠氏。比較的大きな貝で雲見ではポピュラーな存在です。殻の大きさは8cmといった所でしょうか。
b0156853_20423925.jpg


2009年9月1日撮影。この貝は貝殻から外套膜を出して自分の殻を包みます。膜は黒っぽい色をしています。下の画像の個体は殻を半分は膜で覆い、残り半分は露出しています。
b0156853_18353375.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2013-03-24 18:31 | その他・ハ行