<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

フタバゴイシガニ

甲殻上綱軟甲綱十脚目カニ下目方頭群オウギガニ上科オウギガニ科ゴイシガニ属

2013年5月27日撮影。撮影者は廣瀬誠氏。最初の3枚は同じ日に廣瀬さんが撮影したものです。
b0156853_2253196.jpg


場所は雲見・牛着岩、小牛の洞窟内部です。海底に落ちている石をそっとどけると、中から現れます。
b0156853_2252883.jpg


このカニの特徴は甲の前側に剛毛が生えている点でしょうか。
b0156853_2252541.jpg


2013年5月28日撮影。撮影者は水元由美子さん。場所はやはり雲見・牛着岩、小牛の洞窟です。
b0156853_1559959.jpg


同じ日、同じ場所で別個体です。幼体でしょうか。また本種であるかどうかの確証もありません。甲殻類は見た目での区別が難しいですね。
b0156853_15591312.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2013-06-22 23:23 | その他・ハ行

スナモグリ

甲殻上綱軟甲綱十脚目アナジャコ下目アナジャコ上科スナモグリ科スナモグリ属

2013年5月28日撮影。場所は雲見・牛着岩、小牛の洞窟前の砂地。水深12m付近でした。体長は3cmほどでしょうか。転がっていた石をどけたら、その下から出てきました。
右のハサミ脚だけ大きいです。このハサミ脚を使って、もぞもぞと頭から砂の中に潜っていきました。砂に隠れる生き物って、結構あっという間に砂の中に消えていくのに、こいつは人ごとながら心配になるほどゆっくりでした。f ^ ^ *)
b0156853_21485943.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2013-06-22 21:55 | その他・サ行

ウスハオウギガニ

甲殻上綱軟甲綱十脚目短尾下目(カニ下目)方頭群オウギガニ上科オウギガニ科ウスハオウギガニ属

2013年6月9日撮影。場所は雲見・牛着岩、小牛の洞窟内部。水深12m付近。甲幅は1cmありませんでした。禁断のシャーレ捕獲作戦で写真を撮りました。
b0156853_21421077.jpg


このカニも見分けるのが難しいですね。砂に隠れているこの他の小型の甲殻類と明確に区別する術がありません。でもこのカニの場合、甲羅の模様が細い縞模様で覆われるみたいなので、まず間違いないと思います。
[PR]
by idive-marinelife | 2013-06-09 21:43 | その他・ア行

スエヒロガニ

甲殻上綱軟甲綱十脚目短尾下目(カニ下目)方頭群オウギガニ上科オウギガニ科スエヒロガニ属

2013年6月9日撮影。場所は雲見・牛着岩、小牛の洞窟内部。水深12m付近。甲幅は1cm程度です。禁断のシャーレ捕獲作戦で写真を撮りました。

そうまでして写真を撮っても、この個体がスエヒロガニかどうか言い切れません。
「海の甲殻類」図鑑261頁には「(前略)体は淡い茶褐色。香は扁平で、甲後側縁がすぼまった菱形。甲域はよく分かれ、甲面は横しわや粒でおおわれる。はさみ脚は大きく、顆粒が散在し、掌部上面にくぼみが密集する」とあります。果たして該当しているでしょうか。
b0156853_21322141.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2013-06-09 21:37 | その他・サ行

オルトマンワラエビ

動物界節足動物門甲殻亜門軟甲綱(エビ綱)十脚目(エビ目)異尾下目(ヤドカリ下目)コシオリエビ上科ワラエビ科ムギワラエビ属。

2008年5月1日撮影。細長い足の付け根に小さな体がちょこんとあります。
b0156853_15251349.jpg


2008年4月23日撮影。昆虫の蜘蛛みたいですけど、立派に甲殻類です。昔はムギワラエビという名前で呼ばれていました。
b0156853_17352597.jpg


2009年7月26日撮影。今くらいの時期になるとお腹にタマゴを抱えた個体をよく見かけるようになります。
b0156853_15545382.jpg


2013年6月9日撮影。クランクにあるウミカラマツの上でした。お腹にタマゴを抱えています。
b0156853_217172.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2013-06-09 21:06 | その他・ア行

オラウータンクラブ

甲殻上綱軟甲綱十脚目短尾下目(カニ下目)尖頭群クモガニ上科クモガニ科クモガニ属。

2009年10月1日撮影。サビカラマツの上に堂々とのっかっていました。体長は4cmくらい?
オラウータンクラブというのは言い得て妙ですが、実は正式な名称ではありません。クモガニの一種と思われますが、図鑑にも「分類については今後の詳細な研究結果が待たれる」とあります。
b0156853_1832280.jpg


2013年6月9日撮影。クランクの水深15m付近。イソギンチャクの傍らです。
b0156853_2132620.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2013-06-09 21:04 | その他・ア行

ツツイシミノウミウシ

後䚡目裸鰓(らさい)亜目ミノウミウシ上科ツツイシミノウミウシ科ツツイシミノウミウシ属(日本のウミウシβ版準拠)

2013年6月9日撮影。場所は雲見・牛着岩の水路入口、水深5m付近です。体長は3cmくらいで比較的大きいほうでした。
b0156853_20554395.jpg


大きく直立している触角が目立ちますね。最初に見たときは寄生虫でも乗せているのかと思いました。
b0156853_20553113.jpg


日本のウミウシβ版には「頭部と背面の触角後部、心嚢域に白色の斑紋がある」とあります。しかし真上からのカットを見ても残念ながら分かりません。
b0156853_20553856.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2013-06-09 20:59 | ウミウシ・タ行