人気ブログランキング |

セスジミノウミウシ

裸鰓目ミノウミウシ亜目サキシマミノウミウシ科。

2008年12月9日撮影。雲見・牛着岩の湾内、ごろたと砂地の混ざった場所にて。水深12m付近。伊豆半島では稀種だそうです。
セスジミノウミウシ_b0156853_17524094.jpg


小さいですねー。体長は1.5cmくらいでしょうか。
セスジミノウミウシ_b0156853_17531460.jpg


この種類は体色の変異が多いそうです。つまり色違いがいっぱいいるって事ですね。しかし見つけた時は思わず息をのみました。それくらい美しく神秘的な色合いでした。
セスジミノウミウシ_b0156853_17545869.jpg


2009年3月8日撮影。雲見・牛着岩の水路の壁、水深5m付近にて。体長は5mmほどでした。この種は色彩変異が大きいらしく、上記の去年12月の個体ともカラーリングが微妙に異なります。
セスジミノウミウシ_b0156853_16465978.jpg


下記画像は触覚にある顆粒状突起、口触手、前足隅などもうまく捉えることが出来ました。小さな個体のせいか触覚の顆粒状突起は図鑑では長く密生する、と書いてありますが、この個体はかろうじて確認出来る程度ですね。前足隅の色は紫と言うよりは白いです。正中線上と背面縁の赤紫の線もばっちり確認出来ます。
セスジミノウミウシ_b0156853_16355366.jpg


2009年4月9日撮影。雲見・牛着岩の-16mのアーチにて。上記ふたつと比べると色合いがかなり違うので、最初は違う種類かと思いました。体長は10mmほど。
セスジミノウミウシ_b0156853_1423971.jpg


もう少し触覚にピントのあった画像が撮れたら良かったのですが・・・。f ^ ^ *)
セスジミノウミウシ_b0156853_143229.jpg


2012年1月1日撮影。場所は三競の4の穴内部でした。一見すると、今まで掲載してきた個体とまるで色味が違うので、別の種類のようです。
セスジミノウミウシ_b0156853_1862367.jpg


この体色の違いはエサに由来しているんでしょうね。上記写真と同じ個体です。
セスジミノウミウシ_b0156853_186261.jpg


by idive-marinelife | 2009-04-10 14:02 | ウミウシ・サ行
<< ミドリアマモウミウシ ソバカスウミウシ >>