人気ブログランキング |

サンゴイソギンチャク

2009年1月21日撮影。触手は太くて短いです。触手の先が赤や紫に色づく個体もあります。先端より少し下の部分が丸く膨らむこともありますが、常にではありません。触手には縦筋があって、特に膨らんでいる時によく目立ちます。このイソギンチャクは盛んに分裂して同一クローンの群れを作って浅い岩場の岩肌を覆ったりするそうです。雲見の各所に見られるいわゆる「イソギンチャク畑」もこの種類が多いのかも知れません。クマノミミツボシクロスズメダイがよく共生しています。
サンゴイソギンチャク_b0156853_1112686.jpg


触手先端部分のアップです。タテジマ模様がよく分かります。カザリイソギンチャクエビが隠れているのも確認出来ました。
サンゴイソギンチャク_b0156853_11243475.jpg


by idive-marinelife | 2009-01-22 11:19 | その他・サ行
<< カミナリベラ グビジンイソギンチャク >>