人気ブログランキング |

ヨコジマキセワタ

2010年4月21日撮影。場所は牛着岩の湾内、水深14m付近。大きな岩の裾、砂地の海底に近い場所で。体長は3cmほど。
分類は頭楯目キセワタ上科カノコキセワタ科。同じ頭楯目の仲間として、他にミスガイニシキツバメガイコンシボリガイムラサキウミコチョウなどが雲見で観察されています。

ある図鑑には超稀少種、とありました。砂に潜る性質があるとのことです。他のガイドさんがもう少し大きい個体をこれと近い場所で発見したそうです。
ヨコジマキセワタ_b0156853_1414482.jpg


ただ、どちらの個体も結構速い速度で移動を開始してしまいました。結局、すぐ後に見に行っても、もう見つかりませんでした。この神出鬼没具合も、稀少種といわれる所以でしょうか。
ヨコジマキセワタ_b0156853_14151698.jpg


私が撮影したほうの個体は、ブダイが夜寝る時に張る幕のようなものがまとわりついていました。このウミウシが出したものでしょうか?
ヨコジマキセワタ_b0156853_1416155.jpg


2010年4月28日撮影。場所はやはり湾内の砂地でした。ただ上記の個体よりひとまわりくらい大きく、体長は5cmほどありました。上記の個体と同じく、まるでブダイが寝る時に張る幕のようなものが体を覆っていました。
ヨコジマキセワタ_b0156853_2253456.jpg


by idive-marinelife | 2010-04-24 14:16 | ウミウシ・ヤ・ラ・ワ行
<< タンブヤ・ウェルコニス キュウセン >>