ダイナンウミヘビ

2010年4月21日撮影。場所は小牛と魚礁の間の砂地、水深16m。体長はわかりません。穴から出てくれば分かるのですけれども・・・。日本の海水魚図鑑には1.8mとあります。
名前にウミヘビとありますが、は虫類のウミヘビとはまったくの別物で、れっきとした魚類です。ウナギ目アナゴ亜目ウミヘビ科ウミヘビ亜科。

砂に掘った穴にすっぽりと隠れています。穴は斜めに開いているようです。これは真上に顔を突き出すホタテウミヘビとは違う特徴ですね。ダイバーが近づくと穴の中へじりじりと入っていってしまうので、体全体どころか、顔もじっくりと見たことがありません。砂に指示棒などを刺して外に追い出すのもかわいそうですしね。
b0156853_16493876.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2010-04-24 01:50 | 魚・タ行
<< ブダイ アカエソ >>