ケヤリムシ

環形動物門多毛綱ケヤリムシ目ケヤリムシ科。

2008年12月24日撮影。
釣りのエサに使うゴカイの仲間です。この仲間は歩行生活を捨て固着生活を送っています。が、巣を出て動き回ることも出来ます。

頭の部分に名前の由来となった丸い羽根のような触手(鰓冠《さいかん》)が発達しています。この鰓冠で呼吸すると同時にプランクトンをつかまえて付け根の口に運び、濾過して食べています。

ちなみに毛槍とは大名行列の先頭を飾ったあれです。
b0156853_1731479.jpg


驚かすと全体を一瞬で棲管(せいかん)に引っ込めてしまうことが出来ます。棲管は泥を固めて作るそうです。

2012年5月13日撮影。撮影者は私です。どのケヤリムシも鰓冠の直径は10〜15cmくらいでしょうか。鰓冠がゆらゆらと揺れる様はきれいですね。
b0156853_17315858.jpg


同じケヤリムシの仲間にオオナガレカンザシカタマキケヤリイバラカンザシなどがあります。
[PR]
by idive-marinelife | 2012-05-14 17:43 | その他・カ行
<< オオナガレカンザシ シノビイロウミウシ属の一種 >>