フジムスメウミウシ

裸鰓目ドーリス亜目イロウミウシ科シラユキウミウシ属。

2012年6月9日撮影。撮影者は私です。場所は雲見・牛着岩、大牛の洞窟内部の壁面です。体長は意外に大きくて3cmくらい。
第1発見者は雲見ダイビングサービスはまゆの富山くん。
b0156853_22305077.jpg


2012年6月10日撮影。撮影者は浅沼絵美さんです。
名前を一生懸命調べたのですが、イマイチ決め手が無くてわかりません。一応フジムスメウミウシとしておきます。
b0156853_22305385.jpg


2012年6月12日撮影。撮影者は平野典司さん。
ウミウシ図鑑.comに載っているフジムスメウミウシの画像と比べると、何か違うというか。違和感を感じます。
b0156853_22304745.jpg


2012年6月24日撮影。撮影者は金川裕之さん。このページに記載のウミウシはすべて同じ個体です。
b0156853_22304462.jpg


2012年6月27日撮影。撮影者は平野典司さんです。
b0156853_2230283.jpg


このウミウシに関して、大瀬崎のダイビングショップ「海の案内人ちびすけ」のガイド川原さんから次のようなメールをいただきました。

(以下引用)///////////////////////
先日のフジムスメと思われる子
ノウメア・ウエルコニフォルマ Noumea verconiformとする人もいます。
また、ゴスライナーの図鑑では Noumea.sp5にも近いです。
(引用終わり)///////////////////////

つまりまだ何にも分かっていない、ってことですね。浪漫です。
一応ここではフジムスメウミウシとしておきます。
[PR]
by idive-marinelife | 2012-07-27 18:57 | ウミウシ・ハ行
<< イソバナカクレエビ オショロミノウミウシ属の一種7 >>