コガネヤッコ

スズキ目キンチャクダイ科。

2012年9月15日撮影。撮影者は鈴木庸史氏。場所は雲見・牛着岩の裏手、大牛の洞窟の上にある浅い穴の中です。水深は8mほど。体長は12cmほどでしょうか。
目の周りとエラ、各ヒレの縁が青いことが特徴ですね。
b0156853_18573751.jpg


2012年9月14日撮影。撮影者は塚口英秋氏。狭い岩の亀裂から出たり入ったり、ちょこまかと泳ぎ回るので撮影は至難の業です。f ^ ^ *)
b0156853_18593575.jpg


第1発見者は雲見の現地ガイド、近喰細さん。「海水魚―ひと目で特徴がわかる図解付き」図鑑によると、「日本では小笠原諸島に数多く生息するが、それ以外の地域では極めて稀な地域限定種」とあります。レア物ですね。(⌒^⌒)b

2012年9月21日撮影。撮影者は柳澤恵美さん。同じ場所、同じ個体ですね。
b0156853_21284770.jpg


このあと、残念なことにいなくなってしまいました。台風のうねりで雲見が2日ほどクローズした間に姿を消したんですね。超・レア物だっただけに惜しまれます。見ることの出来た方々はラッキーでした!
[PR]
by idive-marinelife | 2012-09-19 19:04 | 魚・カ行
<< イッポンテグリ ツムブリ >>