クロシマホンヤドカリ

節足動物門甲殻上綱軟甲綱十脚目異尾下目(ヤドカリ下目)ヤドカリ上科ホンヤドカリ科ホンヤドカリ属

2014年7月7日撮影。場所は雲見・牛着岩、小牛の洞窟の中、水深15m付近です。
体長は3cm弱でした。撮影日は台風8号によるうねりの強い日で、砂が舞ってしまい満足な写真は撮れませんでした。またチャレンジしたいと思います。
b0156853_1750285.jpg


「ヤドカリ」図鑑によるとこのヤドカリの特徴は「体は茶褐色で、掌部には粒状突起が散在し、先端は白い。歩脚の各節には3〜4条の縦縞模様があり、これが和名の由来になっている。第1触角の先端はオレンジ色。岩礁域の潮間帯からやや深い水深にまで広く生息。昼間から活発に行動し、岩肌の上に多数で群れる。とても敏感で、ダイバーが上を泳ぐと素早く身を隠し、岩の上から転がり落ちていく」とのことです。
[PR]
by idive-marinelife | 2014-07-09 17:54 | その他・カ行
<< オイランヤドカリ イダテンヒメホンヤドカリ >>