スミゾメミノウミウシ

裸鰓目ミノウミウシ亜目オオミノウミウシ科スミゾメミノウミウシ属。

撮影は2008年7月4日。水路の水深5m付近でした。
b0156853_21514130.jpg


2007年5月14日撮影。
b0156853_21514231.jpg


2008年11月18日撮影。大牛の洞窟を出て向かって左側の壁沿いの少しくぼんだ場所です。水深は12mくらい。
背中に白い線があるので別の種類かと思いました。「ウミウシガイドブック〈2〉伊豆半島の海から」鈴木 敬宇著によると、これはセスジスミゾメミノウミウシとあります。
しかしこれより出版年の新しい「本州のウミウシ—北海道から奄美大島まで」中野 理枝著によると、「背面の正中線上に白色線をもつ個体はP.juliae(Burn,1966)セスジスミゾメミノウミウシとされるが、これらの種間に解剖上の差異はない(Rudman,1990)」とのことです。つまり色違い、ってことですかね。
b0156853_1030302.jpg


b0156853_10305214.jpg


上記の個体が産卵をしている様子です。2008年11月24日撮影。
b0156853_11151224.jpg


撮影は2009年7月12日。撮影者は竹井直美氏。よく見かけるノーマル(?)なタイプです。体長も4cmはあるでしょうか。大きめの個体です。
b0156853_11434583.jpg


同じ日に別の場所で撮影されました。撮影者は竹井直美氏。少ない背中の突起、白い触角、背中の白い線など印象がいわゆるノーマルなスミゾメミノとは違ったので、別のウミウシかな?と思ったのですが、どうやらスミゾメミノウミウシのようです。それにしてもまぎらわしい。f ^ ^ *)
b0156853_11464658.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2009-07-14 09:52 | ウミウシ・サ行
<< メイチダイ キャラメルウミウシ >>