ネコザメ

軟骨魚綱板鰓亜綱ネコザメ目ネコザメ科ネコザメ属。

2008年5月1日撮影。-26mのアーチにて。水深24m付近です。体長は1mほど。
b0156853_15284035.jpg


ネコザメは雲見では最もポピュラーなサメの種類です。よく水深26mのアーチや、その近くの通称「ネコ穴」と呼ばれる岩の隙間などによく隠れています。
b0156853_1529435.jpg


これは同じく2008年5月1日に船の上で撮影された別個体です。漁師の網にかかったものをもらい受けて、船で海に返しに行く途中の様子です。
b0156853_153139.jpg


b0156853_15312364.jpg


ネコザメはごつくて大きな顔。目の上の隆起。石臼のような歯。ふたつの背びれの前にそれぞれある棘など、特徴的なかたちをしています。名前の通り、ネコのような細い瞳孔を持っています。

卵生でタマゴは螺旋状をしていて、岩の隙間などに押し込んで、うねりでどこかへ行ってしまわないような形状になっています。

夜行性で昼間は岩の隙間などでじっとしています。食餌は主にサザエなどの貝類を、丈夫な歯でバリバリと噛み砕いて食べることが知られています。

2012年12月24日撮影。場所はネコ穴、体長は1m超。大きかったですね。
b0156853_11345220.jpg


2013年1月5日撮影。撮影者は平野典司さんです。やはり見つかったのは雲見・牛着岩のネコ穴でした。お気に入りの場所ってあるんですね。個体が変わってもやはり見つかるのはこの場所が多いです。
b0156853_1605626.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2012-12-28 11:35 | 魚・ナ行
<< サカタザメ ゾウリエビ >>