カサゴ

顎口上綱新鰭亜綱カサゴ目フサカサゴ科。

2007年5月14日撮影。「海の危険生物ガイドブック」によると、背鰭、尻鰭、腹鰭、頭部に毒棘があり、刺されると強烈に痛むとのことです。またこの痛みは数時間続くこともあるようです。通常は岩の上にじっとしているので、誤って手などをつかないように気をつけましょう。

万が一刺された場合は40℃〜50℃のお湯に浸すといいようですが、無理せずすぐに病院へ行きましょう。
b0156853_21492461.jpg


2009年3月8日撮影。たて穴内部にて。体長は15cmほど。鰓蓋に棘らしき物があるのが確認出来ます。
b0156853_16515064.jpg


2011年9月24日撮影。撮影者は田中久美さん。
秋から冬にかけては繁殖期で、下の写真のようなオス同士の激しいケンカも見ることが出来ます。
b0156853_13405136.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2012-02-06 13:41 | 魚・カ行
<< ミヤケテグリ マダコ >>