サキシマミノウミウシ

裸鰓目ミノウミウシ亜目サキシマミノウミウシ科。

2006年11月9日撮影。「本州のウミウシ」図鑑によると「体は白色または青色を帯びた半透明。触角は白色から淡褐色。触角の上半分には褶葉があり、褶葉部の白色の個体は先端が赤く染まることが多い」とあります。下の画像の個体もまさにそうですね。
b0156853_1244357.jpg


2009年11月13日撮影。
b0156853_1151537.jpg


2010年2月12日撮影。場所はたて穴の前。水深16m付近。体長は3cmほど。この種は雲見・牛着岩ではごく普通種でよく見かけます。数も多いですね。紅藻の上にいることが多いようです。
b0156853_1122842.jpg


2011年10月16日撮影。撮影者は金川裕之氏。幼体です。透き通った美しい体をしていますね。
b0156853_20345875.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2008-08-07 12:44 | ウミウシ・サ行
<< ソラスズメダイ ニシキベラ >>