ベニオウギガニ

2008年9月18日撮影。大牛の洞窟にて。鮮やかな赤紫色。そして甲羅には筋があります。甲幅は3cmくらい。はさみ脚などそれぞれの節がぷっくり膨らんでいるような印象を受けます。
カニ類オウギガニ科ベニオウギガニ属。
b0156853_2162584.jpg


洞窟内部の岩の窪みなどにすっぽり収まっていることが多いですね。「海の甲殻類」図鑑によると、成熟度によって体色は変化するそうです。若い個体は白く、成長するに従って体の周りから徐々に中心に向かって赤くなるそうです。中途半端な状態の個体を見てみたいですね。グラデーションなんでしょうか?
b0156853_2171456.jpg


2008年10月23日撮影。撮影者は神野愛香氏。
b0156853_1048056.jpg


2010年5月29日撮影。撮影者は井部泰輔氏。撮影場所は小牛の洞窟内部の壁面、水深12m付近。
b0156853_21274329.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2008-09-20 21:06 | その他・ハ行
<< イサキ スケロクウミタケハゼ >>