カテゴリ:その他・ナ行( 7 )

ニホンアワサンゴ

刺胞動物門花虫(はなむし)綱六放サンゴ亜綱ハマサンゴ科アワサンゴ属。

2009年1月18日撮影。固い骨格を持った造礁サンゴの一種ですが、伊豆では礁を形成するほどの大きな群体はこのサンゴに限らず見かけません。和名にニホンとあるのは固有種だからなのでしょうか。学名も「Alveopora japonica」です。
b0156853_2210434.jpg


可憐な小さい花のようなものはポリプで、根元に石の骨格があります。

2011年10月13日撮影。撮影者は廣瀬誠氏。
アワサンゴの仲間ではもっとも北まで分布するそうです。数は少ないですが、雲見や田子など伊豆でも見ることが出来ますね。
b0156853_9151254.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2012-02-06 09:15 | その他・ナ行

ニチリンイソギンチャク

2009年4月11日撮影。雲見ではあまり数は多くないと思います。放射状に並ぶ触手のさらに両側に、房状に分岐する突起があります。
b0156853_2132758.jpg


[PR]
by idive-MARINELIFE | 2009-04-11 21:05 | その他・ナ行

ナマコマルガザミ

2009年4月6日撮影。雲見・牛着岩、湾内の岩の上、トラフナマコにぎゅっとかじりついていました。図鑑には周口部や体内に隠れ住む、とありますが、ナマコの表面、一目見てすぐ目につくところに堂々といました。ハサミでナマコの表皮を掴んでいるんですね。図鑑には共生、とありますが、ナマコの方にどんなメリットがあるのか気になるところです。f ^ ^ *)
b0156853_11165334.jpg


2009年4月12日撮影。雲見・牛着岩、小牛の裏手の岩の上でした。水深は12m付近です。やはりトラフナマコの、この個体は裏側にしがみついていました。
b0156853_2235633.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2009-04-07 11:19 | その他・ナ行

ナカザワイソバナガニ

動物界節足動物門甲殻亜門軟甲綱(エビ綱)十脚目(エビ目)短尾下目(カニ下目)尖頭群クモガニ上科クモガニ科イソバナガニ属。

2009年2月9日撮影。小牛の洞窟前、ウミカラマツにて。よく似たイボイソバナガニはムチカラマツ類に共生するのに対し、このカニはウミカラマツ類を宿主とするようです。2個体いました。
b0156853_9191777.jpg


ウミカラマツ類に共生しています。体に宿主の枝などを付着させてカモフラージュしているので、ちょっと分かりづらいです。
b0156853_9193910.jpg


こちらは脱皮したあとの抜け殻と思われます。
b0156853_920281.jpg


2012年5月5日撮影。撮影者は渡辺篤さんです。場所は雲見・牛着岩の小牛の洞窟前。ここのウミカラマツには必ずと言っていいほど本種がいます。
b0156853_18161570.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2009-02-27 09:22 | その他・ナ行

ナシジイソギンチャク

2009年1月18日撮影。ヤギ類の上に群生を作っているのをよく見かけます。びっしりとくっついているので造礁サンゴのような群体にも見えますが、隣通しと体が連なることはないそうです。このイソギンチャクは分裂して数を増やすことが出来るので、ヤギの軸をやがては覆ってしまい、ヤギを殺してしまいます。
b0156853_21553752.jpg


いつかこのイソギンチャクに擬態して隠れる習性があるというアヤトリカクレエビを見てみたいものです。
b0156853_2245981.jpg


ちなみにナシジは梨地から来ていると思われます。梨地は伝統的な織物や漆器などに使われる言葉で、特に漆器では表面のテクスチャーが果物の梨の肌に似ているところからそう呼ばれている塗りの技法があります。このイソギンチャクは、その体壁の模様が梨地に似ていることからネーミングされたのでしょう。
[PR]
by idive-marinelife | 2009-01-18 22:08 | その他・ナ行

ノコギリガニ

2008年6月23日撮影。小牛の洞窟にて。
b0156853_10325740.jpg


大きなものから小さなものまで見かけます。
[PR]
by idive-marinelife | 2008-07-09 10:33 | その他・ナ行

ニシキテッポウエビ

甲殻上綱軟甲綱十脚目抱卵亜目コエビ下目テッポウエビ上科テッポウエビ科テッポウエビ属。

2008年7月1日撮影。湾内の砂地にて。砂地に穴を掘って巣穴を作ります。よくダテハゼと共生しているのを見かけますね。テッポウエビは巣穴を作って隠れ場所を提供する役。ダテハゼは見張り役です。お互いにメリットのある、教科書的な相利共生関係ですね。
b0156853_2321519.jpg


テッポウエビは長い触角の先を常にダテハゼの尾びれに接触させています。ハゼは外敵が近づくと尾びれを細かく振ってエビに合図します。ダイバーが観察する為にそっと近づくと、ぷるぷるとハゼがしっぽを振る様子や、ハゼがバックで巣穴に急いで戻る様子を見ることが出来ます。
b0156853_2015886.jpg


2012年4月25日撮影。エビのヒゲがハゼに触れているのが分かりますでしょうか。
b0156853_22161010.jpg


お互いの位置関係が変わっても、エビのヒゲは必ずハゼに触れています。
b0156853_22161669.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2008-07-08 23:13 | その他・ナ行