<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

クリヤイロウミウシ

裸鰓目ドーリス亜目イロウミウシ科。

2010年5月27日撮影。撮影者は金澤真美氏。撮影場所は大牛の洞窟内部の、水深15m付近でした。体長は3cmくらい。
b0156853_20562028.jpg


何故かこのウミウシは「本州のウミウシ」図鑑には載っていません。「ウミウシ 生きている海の妖精」図鑑には載っていました。

体の色は白で縁取りは黄色です。背中には円錐状の突起が散在しています。これがこのウミウシの大きな特徴ですね。その突起の一部は赤紫色や青紫色に染まります。触角は半分から上が突起と同じ色で染まっています。2次鰓は半透明で、一部にやはり突起と同じ色が入っています。図鑑にはカイメン食とありますが、まさにその上に乗っていますね。

下記画像も上記と同じ個体、金澤真美氏の撮影です。部屋に飾りたくなるくらいキレイですね。
b0156853_2125646.jpg


このウミウシ、実は名前が混乱しています。
詳しくはこちらの記事を参照して下さい。

キベリシロウミウシ

2012年5月9日撮影。撮影者は浅沼絵美さん。撮影場所は雲見・牛着岩の水路、H型の穴を入る少し手前の水深14m付近でした。
b0156853_15574412.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2010-05-29 21:03 | ウミウシ・カ行

カメキオトメウミウシ

2010年5月27日撮影。撮影者は金澤真美氏。撮影場所は水深16mのアーチとロッカク岩のちょうど中間地点、水深17m付近の岩場でした。体長は1.5cmくらい。
裸鰓目タテジマウミウシ亜目タテジマウミウシ科。
b0156853_203932100.jpg


このオトメウミウシの仲間はドーリス亜目のウミウシと違って、2次鰓がありません。背面と頭部は区切られ、口幕が発達しています。

本種はよく似た別の種にサギリオトメウミウシがいますが、触角の先端が黄色い(または朱色)ことで区別できます。
その他の特徴として、背面の縦ヒダが明瞭なこと。その上に小さな黒い点々が散在すること。その点々がにじんだようにはならないこと。口幕が黄白色で縁どられること、などがあげられます。
[PR]
by idive-marinelife | 2010-05-29 20:47 | ウミウシ・カ行

ミスガイ

異旋目(下位異鰓目)オオシイノミガイ上科ミスガイ科ミスガイ属

※ この生物は正確にはウミウシではありません。2005年ごろ、ウミウシ分類に変革が起こり、DNA解析に基づく分類方法が導入された結果、この種はウミウシ(=後䚡目)ではなく異旋目になってしまいました。しかしながら美しい人気のある生物であることに間違いありません。なのでここでは便宜的にウミウシとして掲載いたします。

2008年11月26日撮影。水路の水深7m付近にて。体長は1.5cmほど。ひらひらとした立派な軟体部は貝殻の中に収納できません。
b0156853_8213143.jpg


頭部にある小さなふたつの黒い点は、目ですね。
通常この種類は砂中潜降型として知られ、見られる場所も砂地のはずなのですが、何故か水路の岩場で発見しました。
b0156853_8283968.jpg


同じ頭楯目の仲間として、他にコンシボリガイニシキツバメガイヨコジマキセワタムラサキウミコチョウなどが雲見で観察されています。

2011年12月3日撮影。撮影者は浅沼絵美氏。発見者は菊島智子氏です。場所はグンカン沖側の水深14m付近でした。2008年の個体と比べると少し大きめで、貝に入っている線模様の数も多いですね。色も淡い感じです。
b0156853_14393746.jpg


上記と同じ個体です。見ている間にも結構なスピードで移動していました。体長は4cmほどでした。軟体部の縁取りの青い線は蛍光色で、光を放っているかのようでした。
b0156853_14394094.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2010-05-09 11:23 | ウミウシ・マ行

コンシボリガイ

異旋目(下位異鰓目)オオシイノミガイ上科ミスガイ科コンシボリガイ属

※ この生物は正確にはウミウシではありません。2005年ごろ、ウミウシ分類に変革が起こり、DNA解析に基づく分類方法が導入された結果、この種はウミウシ(=後䚡目)ではなく異旋目になってしまいました。しかしながら美しい人気のある生物であることに間違いありません。なのでここでは便宜的にウミウシとして掲載いたします。

2008年5月25日撮影。水深16mのアーチからロッカク岩に向かう岩場の上で。体長は4〜5センチほど。水深15m付近。
分類は頭楯目オオシイノミガイ上科ミスガイ科コンシボリガイ属。
b0156853_13125856.jpg


頭楯目はウミウシの中でも原始的な形を残しているものが多いのが特徴です。このコンシボリガイも背中に貝殻を残しています。ただ、普通の貝と違い、自分の体を貝殻の中に収納することは出来ません。
b0156853_13132266.jpg


またウミウシの一般的なイメージにある、頭部の触角はこの仲間にはありません。雲見で見ることの出来る頭楯目の仲間としては、他にミスガイニシキツバメガイヨコジマキセワタムラサキウミコチョウなどがあげられます。
b0156853_13134885.jpg


2010年4月30日撮影。平嶋めぐみ氏撮影です。この種類は過去に地元ガイド達によって、大牛の洞窟や、小牛の裏手の壁・浅瀬、小牛の湾内側の壁、水路入口の岩の上など、牛着岩の広い範囲で発見されています。この個体はたて穴を出たところで発見しました。体長は3cmほどでした。
b0156853_11165815.jpg


コンシボリガイには、名前の通り体色が青いものと黄色いものがあるのですが、何故か黄色いものしか見たことがありません。ぜひ一度青いバージョンを見てみたいものです。

2014年1月5日撮影。撮影者は平野典司氏。美しいですね。
b0156853_9274451.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2010-05-09 11:17 | ウミウシ・カ行

ツノワミノウミウシ

2009年8月18日撮影。水路下の洞窟にて。体長は1cmほどでした。裸鰓目ミノウミウシ亜目オショロミノウミウシ科。

体の色は半透明の白。背中の突起も同じで、中に透けて見えている消化腺は暗褐色と図鑑にはありますが、画像だと濃い白色に見えますね。
この背中の突起は軽くカールしています。でも驚いたりすると、バッと広げることも出来ます。
触角も半透明の白一色で、ちょっと太くて蛇腹のような形です。和名の「ツノワ」はひょっとして「角輪」でしょうか?だとしたら、たぶんこの触角の形状から来ているのでしょうね。
b0156853_10341090.jpg


2010年5月8日撮影。場所はたて穴の入口付近。穴の中に入っていってしまいそうだったので、スレートのペンでそっと向きを変えたのですが、その時に背中の突起を広げました。
b0156853_10322460.jpg


下の画像は上の画像と同じ個体です。ほぼ正面から撮りました。頭を左に振った所ですね。触角の感じがよく分かるかなと思い、掲載しました。
b0156853_10541545.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2010-05-09 10:34 | ウミウシ・タ行

シモダイロウミウシ

2010年4月28日撮影。場所は水深16mのアーチの岩礁、水深17m付近。体長は2.5cmほど。分類的には裸鰓目ドーリス亜目イロウミウシ科。

色は薄い藤色で、白くて細い線で縁取られています。「本州のウミウシ」図鑑などによると、この白い線の内側に他の色は入らないようです。この事から、よく似たアラリウミウシなどと区別することが出来ます。

この他の特徴として、2次鰓部分を囲むように、背中の白い線が終わっていることや、しっぽの上にも白い線があることなど、があげられます。
b0156853_2213034.jpg


この時はあまりいい画像が撮れなかったので、次回はもっと特徴の分かりやすい写真を撮りたいですね。
[PR]
by idive-marinelife | 2010-05-01 22:13 | ウミウシ・サ行

ヤグルマウミウシ

2010年4月28日撮影。場所は牛着岩・小牛の裏手、亀裂付近の水深15m、岩礁に生えた紅藻の上でした。体長は2cmほど。このウミウシは裸鰓目ドーリス亜目フジタウミウシ科ハナサキウミウシ亜科ヤグルマウミウシ属。

ゴマフビロードウミウシによく似ていますが、頭の部分にある、黒い小突起の先端がふたつに分かれていることが特徴。
b0156853_2155121.jpg


「本州のウミウシ」図鑑によると「触角は黒く、鰓は黄色」とありますが、図鑑の写真も、この個体も触角は鰓と同様の体地色ですよね。それと、この個体は、背中の突起のふたつに分かれている部分が頭だけでなく、鰓の辺り、体の後ろ部分にまであることが見てとれます。

同じ日、湾内の屏風岩にて。ペアでした。こちらの場合はふたついる個体どちらも、触角と鰓の上半分が白っぽく見えます。
b0156853_21575025.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2010-05-01 21:58 | ウミウシ・ヤ・ラ・ワ行

ヒイラギウミウシ

2010年4月25日撮影。場所は牛着岩の裏手、水深15m付近。岩礁のガヤ類の上で産卵中の様子。他にも何個体かいましたね。体長は7、8mm。裸鰓目スギノハウミウシ亜目マツカサウミウシ科です。

ところで春先はガヤなどの上を探すと、マツカサウミウシの仲間などよく見つかるようです。
b0156853_21351439.jpg


同じ日に牛着岩の別の場所で見つけました。体長はわずかに2mmほど。
b0156853_21362641.jpg


[PR]
by idive-marinelife | 2010-05-01 21:37 | ウミウシ・ハ行